【UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)】大人気の溶岩チーズバーガーを食べました

今回は、京都市右京区にあるハンバーガー屋さん「UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)」をご紹介したいと思います。

まだオープンして間もないお店ですが、SNSで反響を呼び京都でも人気のハンバーガー屋さん。

アピッツバーガーがあるのは、嵐電嵯峨駅から徒歩1分の距離にあり、
全国的に有名な観光地でもある、京都の「嵐山」すぐ近くにあるためお店もとてもいい立地にあります。

そんな、アピッツバーガーで多くのお客様が注文するオススメメニュー「溶岩deチーズバーガープレート」を食べてきましたので、皆さんにご紹介したいと思います。

ジュンくん

アピッツバーガーのハンバーガーは他と一味違う!

目次

UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)に行ってきました

UPIT'S BURGERの外観

嵐電嵯峨駅から徒歩1分。到着しました!こちらがアピッツバーガーになります。

お店はオープンな外観、一階にオープンキッチンと待合のソファーがあり、二階にイートインができるスペースがあります。

アピッツバーガーは人気店のため、基本的に待ち列が出来ていますが、
待っている時はオープンキッチンの前に並ぶため、待ち時間もあまり苦ではないのがポイントです。

アピッツバーガーの店内

待っている時にオープンキッチンの写真を撮ったのですが、
今回ご紹介しようと思っている「溶岩deチーズバーガープレート」が見切れていますね。笑

このように、待っている間もお客様が飽きないように工夫がされています。

定員さんに言えば、カウンターに並んでいる料理の写真も撮ることができますよ!

アピッツバーガーの店内

今日は約40分ほど待って二階の席に案内されました。

アピッツバーガーの店内は、座席や壁も工夫されておりアメリカンなテイストになっています。

アピッツバーガーの店内

アメリカの女性っぽい絵や独創的な絵が壁紙の至る所にあります。

店内もオシャレで若い方が多くいらっしゃいました。

ではさっそく、アピッツバーガーのオススメのハンバーガー「溶岩チーズハンバーガー」をご紹介したいと思います。

【オススメ】UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)の溶岩チーズハンバーガー

アピッツバーガーの溶岩チーズバーガープレート
溶岩deチーズバーガープレート(1,680円)

では、待ちに待ったアピッツバーガーの「溶岩deチーズバーガープレート」をご紹介したいと思います。

チーズバーガープレートの名前の通り、プレートの上に溢れんばかりのチーズで覆い尽くされていますね!
というか、プレートからチーズが溢れています。

このチーズも濃厚で美味しいですが、
肝心なハンバーガーもとても美味しいです。

バンズにアボカド、お肉にトマト、ベーコンに野菜がサンドされており、かなりのボリュームがあります。

ハンバーガーと一緒にポテトがついているのがまたいいですね!

料金は1,680円と少しお高めな気もしますが、
SNS映えしますし、多くのお客さんがこの「溶岩deチーズバーガープレート」を注文していました。

アピッツバーガーのドリンク

ハンバーガと一緒にドリンクを注文しましたが、瓶のコーラがハンバーガーにとても合います。

壁に描かれている絵も相まって、アメリカっぽさがすごいですね。

UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)のメニュー

アピッツバーガーのメニュー表をご紹介したいと思います。

UPIT'S BURGER

こちらがアピッツバーガーのメインメニューでもあるハンバーガーメニューになります。

  • アピッツチーズバーガープレート(1,300円)
  • 溶岩deチーズバーガープレート(1,680円)

ここの画像に載っているハンバーガー以外にも、アピッツバーガーには様々なハンバーガーの種類がありますので、こちらをご覧ください。

→アピッツバーガーのメニュー表一覧

アピッツバーガーのサイドメニュー

こちらが、アピッツバーガーのサラダとサイドメニューになります。

定員さん曰く、シーザーサラダとフライドポテトがよく注文されるそうです!

アピッツバーガーのドリンクメニュー

こちらが、アピッツバーガーのドリンクメニューになります。

瓶のコーラって、普通のコーラより美味しく感じるのは僕だけでしょうか?

アピッツバーガーのテイクアウトメニュー

また、アピッツバーガーにはテイクアウトのメニューもあるので、
詳しくはこちらのメニュー表をご覧ください。

→アピッツバーガーのメニュー表一覧

UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)へのアクセス方法

UPIT’S BURGER(アピッツバーガー)へのアクセス方法をご紹介します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる