「大涌谷」へのアクセス方法は4通り!行き方や駐車場情報をご紹介

今回は神奈川県は箱根の人気な観光地「大涌谷」へのアクセス方法や行き方、駐車場情報をご紹介したいと思います。

大涌谷とといえば、黒たまごや火山ガスが噴き出している絶景が有名な観光名所でもあります。

そんな大涌谷についてこの記事では、

  • 大涌谷への行き方は?
  • 大涌谷へアクセスするにはどのようのな方法があるのか?
  • 大涌谷の駐車場情報を知りたい。

などなど、このような疑問を持っている方に向けた記事となっています。

私自身は、途中の駅まで車で行き、ロープウェイを利用して大涌谷へ行きましたが、
その他にも「バス」、「ハイキング」などでアクセスする方法もありましたので、詳しくご紹介していきます。

ジュンくん

個人的にはロープウェイで行くことをおすすめします!

目次

大涌谷へのアクセス方法は4通り

大涌谷の看板
大涌谷の看板

大涌谷へのアクセス方法・行き方は大まかに分けて4通りの方法があります。

  • 車でアクセスする方法
  • ロープウェイを利用してアクセスする方法
  • バスでアクセスする方法
  • ハイキングでのアクセスする方法

上記の4通りのアクセス方法があるので、一つずつ詳しくご紹介します。

車でアクセスする方法

大涌谷がある箱根は、地元の方のみならず、全国各地から多くの人が訪れる観光地です。

そのため地方から来る方の多くが、車で大涌谷へ向かうことになると思います。

各エリアからの大まかな所要時間ですが、

  • 東京方面から小田原西ICより約30分
  • 関西方面から御殿場ICより約40分
  • 新潟、北関東方面から須走ICから約60分
  • 北陸、長野方面から須走ICから約60分

繁忙期やGWなどの長期連休が重なると、30分~1時間ほどの渋滞が予想されます。

そのため、地方から大涌谷に行く場合は、時間に余裕をもっていきましょう。

カーナビを設定する際に、「 箱根町仙石原1251 」と目的地の住所を設定すると、大涌谷から少し離れた位置が表示されてしまうので、「箱根ロープウェイ大涌谷駅」と入力すると迷わず大涌谷まで到着できます。
また、カーナビに電話番号で設定する場合は、「0460-849605 」で設定すると、迷わず大涌谷まで到着します。

大涌谷の駐車場情報は、後ほど詳しく解説していきます。

すぐに知りたい方はこちらをクリック→大涌谷の駐車場情報までジャンプする

ロープウェイを利用してアクセスする方法(おすすめ)

大涌谷へ行くロープウェイ
大涌谷へ行くロープウェイ

大涌谷について調べていると、誰しもが一度は目にするであろう「ロープウェイ」ですが、私の個人的な意見としてはこちらの方法でアクセスすることをおすすめします。

おすすめポイントの1つとして、富士山などの絶景や大涌谷の火山活動で起こる、白煙を見ることができるからです。

大涌谷といったら、「黒たまご」と硫化水素を含む「白煙」が見どころではないでしょうか。

大涌谷から見た火山ガスによる白煙はこちら

大涌谷から見た白煙
大涌谷から見た白煙

大涌谷から見える白煙も十分絶景ですが、
ロープウェイを利用すると見ることができる大涌谷の火山ガスによる白煙は一味違った景色を見せてくれます。

ロープウェイから見た大涌谷の白煙
ロープウェイから見た大涌谷の白煙

このように、大涌谷の白煙を間近にそして、ロープウェイを利用しないと絶対にみることができない絶景が広がっています。

車で大涌谷まで行くことは簡単ですが、少し遠回りをしてロープウェイを乗り降りすることができる、
早雲山駅」「桃源台駅」「姥子駅」こちらに車を停めてロープウェイで大涌谷まで行くのはどうでしょうか?

大涌谷へ向かうロープウェイの往復運賃
  • 早雲山駅から大涌谷の往復運賃:大人1,510円/子ども760円
  • 姥子駅から大涌谷の往復運賃:大人1,310円/子ども660円
  • 桃源台駅から大涌谷の往復運賃:大人1,880円/子ども940円

火山ガスの影響により、ロープウェイに関して下記に当てはまる人は、早雲山駅~姥子駅間で乗車できないので注意しましょう。

【ロープウェイを利用できない人】
アレルギー性ぜん息の方/気管支疾患の方/呼吸器(肺)疾患の方/心臓疾患の方/心臓ペースメーカーを装着している方/体調不良の方

また、当日の大涌谷の火山ガスの影響で、ロープウェイの運行状況が変わる場合がありますので、
運行状況につきましては、公式サイトをご覧ください。
https://www.hakoneropeway.co.jp/

バスでアクセスする方法

大涌谷にはバスで行くことも可能です。

観光名所でもある「箱根湯本駅」から、伊豆箱根バス(大涌谷経由箱根園または湖尻行き)のバスに乗り、
大涌谷まで約35分。乗り換えなしでアクセスすることが可能です。

バスの運賃は「片道880円」で行くことができるため、タクシーを利用するよりはお得に行くことができます。

箱根湯本駅で、観光や食べ歩きをした後にバスで向かうのもおすすめですね。

ハイキングでのアクセス方法

大涌谷

意外と知られていませんが、大涌谷を含む箱根にはハイキングコースが設定されています。

箱根ビジターセンターから大涌谷まで徒歩60分ほどのハイキングコースがあり、箱根の景色を堪能しながら大涌谷までアクセスすることができます。

箱根ビジターセンターから大涌谷までのハイキングコース(約60分)

箱根ビジターセンター→レイクアリーナ箱根前→金太郎岩入口→船見岩→姥子バス停前→梵字仏像→大涌谷延命地蔵下→玉子茶屋

ハイキングコースはしっかりと舗装されており、お子様からお年寄りまで気軽にハイキングできるコースとなっています。

大涌谷の駐車場

大涌谷まで車でアクセスする方に向けて、大涌谷周辺の駐車場情報をご紹介します。

大涌谷周辺には、主に4つの駐車場があります。

  • 大涌谷駅の駐車場
  • 早雲山駅の駐車場(オススメ)
  • 姥子山駅の駐車場
  • 桃源台駅の駐車場

上記、4つの駐車場があるため、1つづつご紹介していきます。

大涌谷駅の駐車場

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる