【付知峡不動滝ひろづき】大自然の中で食べる流しそうめんは絶品

今回は岐阜県中津川市にある『付知峡不動滝ひろづき』で、大人気な「流しそうめん」を食べに行ってきました。

付知峡といえば、マイナスイオンたっぷりの大自然に、透き通るような付知川、
そして付知峡で一番の絶景、エメラルドグリーの滝壺が美しく、そこから流れ出ている『不動滝』が有名です。

そんな付知峡ですが、実はいま密かに人気をなのが、付知峡で食べる「流しそうめん」が人気なんです!

付知峡不動滝に向かう入り口にある料理民泊「不動滝ひろづき」で、10月末まで食べることができます。

そこで、実際に付知峡不動滝ひろづきで流しそうめんを食べてきたのでご紹介したいと思います。

目次

付知峡不動滝ひろづきで流しそうめんを食べました!

付知峡不動滝ひろづき


画像の左側「ようこそ不動滝へ」から奥に進むと、付知峡不動滝に行くことができます。

そして、画像の右側が「付知峡不動滝ひろづき」。

ここで今回紹介する流しそうめんを食べることができます。

付知峡不動滝ひろづき

お店の前には、付知川から流れる水を引っ張り、キンキンに冷えたサイダーやきゅうり、トマトがあります。

ラムネ(200円)、きゅうり(100円)、トマト(100円)

どれもリーズナブルな値段で、不動滝を見に来た方や流しそうめんを食べにきた方が、その場で購入して食べていました。

暑い夏にはぴったりですね!

付知峡不動滝ひろづきは料理民泊

付知峡不動滝ひろづき

付知峡不動滝ひろづきは、流しそうめんや料理を提供しているのはもちろんですが、
「民泊」つまりこの付知峡不動滝ひろづきに宿泊できるということです。

岐阜県でも都心部からは離れており、人によっては行くのに数時間かかる方もいると思います。

なので、付知峡不動滝ひろづきで宿泊をするのもいいですね!

予約は付知峡不動滝ひろづきのホームページから→0573-82-2950

では早速、流しそうめんを注文したいと思いと思います。

『10月末まで』付知峡不動滝ひろづきの流しそうめん

付知峡不動滝ひろづきのメニュー表
付知峡不動滝ひろづきのメニュー表

そばやうどん、定食などいろいろなメニューがありますが、今回のお目当ては流しそうめん!

2020年は10月末まで流しそうめんを行っており、二人前から一人850円で注文することができます。

付知峡不動滝ひろづき

ここで、付知峡不動滝ひろづきの奥の席、大自然を目の前に流しそうめんを堪能することができます。

小さいお子様には、そうめんが流れている所まで届かない場合もあるので、子供用の台もあるので安心してください。

そうめんは写真右側の奥から流れてきます。

付知峡不動滝ひろづき

そうめんの流れも結構な勢いで流れていきますので、しっかりとキャッチをして食べましょう!

付知峡不動滝ひろづき

もし最後までそうめんを取り損ねても大丈夫!
そうめんが流れていかないように止められているので、取り損ねても注文したそうめんは全部食べることができます。

僕自身、写真を撮ることに夢中で、流れてくるそうめんはなかなかキャッチできませんでしたが、最後は席でゆっくり食べました!

また、店内にはご当地特産品やお見上げなどがあります。

付知峡不動滝ひろづきのお土産

美味しそうなものがたくさんありました!

付知峡不動滝ひろづきには流しそうめん以外にも、美味しそうな料理がたくさんあったので、次回は違う料理を注文したいと思います。

付知峡不動滝ひろづきへのアクセス方法・駐車場

付知峡不動滝ひろづきへのアクセス方法をご紹介します。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる